思春期ニキビ

学生の頃、思春期ニキビに悩み、どうにかならないかと思っていた人も少なくないはずです。
10代にできるニキビの原因として考えられることは何でしょうか。
中学生や高校生の時期には、男性だけでなく女性でも男性ホルモンが多く分泌されます。
思春期の過剰な男性ホルモンの分泌は、毛穴の奥にある皮脂腺部分を刺激するわけです。
こういったことが原因で皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が目詰まりしてしまうのです。
皮脂が詰まってしまった毛穴にもともと皮膚にあるニキビ菌が殖えてしまうと、思春期ニキビとなってあらわれてくるのです。
思春期ニキビは、思春期を過ぎ大人になると気付かない間に治るようです。
思春期ニキビで悩んでいた人のほとんどは、男性ホルモンの分泌が抑えられ、気付かないうちにニキビができなくなっていたようです。
ニキビができると気になってしまうものですが、洗顔などを毎日行ない、肌の清潔さを保つよう心掛けましょう。
10代でバッチリとメイクをする女性もたくさんいますが、これも思春期ニキビの原因のようです。
思春期の時期が終われば消える思春期ニキビですが、何もせず放置しておけばいいと考えるのは間違いです。
しっかりと専門機関へ行き治療を受けることで、ニキビの跡が残らないよう処置してもらうことも大切な点です。
思春期ニキビの治療で大切なことは、ニキビを潰すことは絶対に避けるということです。
ニキビを潰した場合、ニキビ跡が残る最大の原因となります。
生活習慣の改善や毎日の正しい洗顔は、思春期ニキビの治療法としてだけでなくニキビの予防にもなるのです。
最初は、毎日どんなふうに過ごしているかを確かめてみましょう。